プロミス 審査 職場・勤務先 在籍確認ない?

 

 

 

キャッシングをするとなると感じる大きなプレッシャー。
審査結果待ちの不安や、勤務先への在籍確認の電話など、会社の人間にばれるのではないかとドキドキしますよね。
心臓に負担がかかるのではというほどドキドキしてしまい、
出来ることなら勤務先への在籍確認の電話やめて欲しいとおもっている方も結構多いのではないでしょうか。

 

とはいえ消費者金融はお金を貸す立場ですから、会社への在籍確認は本人確認のためにしなければいけないことだという事も理解できますね。
どうにか策を練って、在籍確認の連絡なしで、審査に通してくれる金融機関はないものかと考えたことはありませんか?
大手消費者金融のプロミスを今回は例にし、キャッシングの審査のための勤務先に対する在籍確認についての情報をお伝えいたします。

 

 

プロミスが行っている勤務先への在籍確認とは?

 

プロミスの公式ホームページを観てもわかるように、プロミスでは借り入れの申し込みをした方の勤務先に電話をして在籍確認を行っています
ですが、在籍確認の電話というのは本人のプライバシーを充分考慮した上で行います。
勤務先やご自宅には、プロミスの担当スタッフが個人名で電話をかけてくれますから職場の人間や家族の誰かに借金の申し込みをしたことがばれる心配はありません。
勤務先へかかってきた電話は、本人が必ず出なければいけないのかといいますと、そういうわけではありません。
会社の人が在籍確認の電話に出た場合「○○はただいま営業に出ております」というような返答がもらえるので、本人が電話に出なくても、勤務先の在籍確認は可能です。きちんと会社に在籍していることが確認出来れば在籍確認完了です。
不在時のプロミスのスタッフの対応は「また、改めてご連絡をします」と伝え電話を切りますが、本当に再び電話をかけることはありません。

 

 

プロミスからの勤務先への在籍確認電話の受け方

 

先ほどプロミスは個人名を名乗って電話をかけると説明しましたが、たとえ社名を名乗らないとはいえ、本人以外の人間に電話で対応されるのはどうしても心配だという人もいるはずです。

 

自分で電話に出たいと思っているならプロミスのスタッフに掛け合い、電話をかける時間を指定してみましょう。
お金を借りる側にも事情はあるかと思います。
やむを得ない場合は時間の指定に応じてくれるでしょう。

 

プロミスの電話を本人が取れた場合の対応としては、「プロミスです。こちらの電話でお勤め先の在籍の確認ができました。審査結果は後ほどお伝えします」と用件だけが短く伝えられます。通話時間も短く、会話内容もも相槌程度の会話しか使わなくて良いので、キャッシングにおける勤務先の在籍確認だと職場の人間にばれることはないでしょう。

 

プロミスのスタッフに電話をかけてもらえる時間を指定出来たと安心していたのに、急な用件が入ってしまい、在籍確認の電話に出られない場合もあるかもしれませんよね。
このような場合に備え、社内のほかの人間が、在籍確認の電話に出た場合の言い訳を考えておく事をオススメします。
たとえば、保険の営業の電話やクレジットカードの契約のための確認電話がかかってくる。と説明してはどうでしょうか。
勤め人にはこの手の電話があっても不審に思われるものではない為、キャッシングのための在籍確認の電話では?と誰にも疑われることはないかと思います。

 

 

プロミスでは職場への在籍確認なしでキャッシングできるかを検証

 

プロミスの在籍確認の電話はプライバシーに考慮してもらえるとわかっていても、世の中には絶対ということはないのですから、100%会社にばれないということはないはず。会社への電話はやっぱりいやだという方もいるでしょう。
どれだけバレナイ配慮がされても、勘の良い人が職場にいたり、キャッシングを経験した事のある人が社内にいれば、たった一度、短時間の電話であってもキャッシングの申し込みをしたと疑ってくるかもしれませんよね。

 

無担保で個人の信用を元手にしてお金を貸すのがキャッシング業者です。
お金を貸してもらえる人の条件は信用のある人だけです。信用がある人というのは、職に就き、安定した収入を得ているかどうかが重要です。
プロミスは、個人に対して信用を判断するために、勤務先に電話をしてあなたが実際に働いているかどうかの確認を在籍確認で行っています。

 

信用を得るために勤務先電話をするなら、勤務先へ電話をする方法以外に手はないのでしょうか。
実は、方法はあるんです。

 

勤務先への在籍確認は必ず電話で確認をしているプロミスですが、どうしても電話が難しい場合、本人からしっかりと事情を聞いた上で別の手段での在籍確認をする場合があります

 

その方法を具体的に言うと、在籍している会社のものだと確認ができる書類、例えば社員証や在籍証明書、社会保険証、直近の給与明細などを、本人に提出させることです。
どうしても勤務先への連絡なしでキャシングしたい時は、プロミスのスタッフやオペレーターに事情を伝えてみましょう。
必ず希望通りキャシング出来る保証はありませんが、勤務先への電話を回避できる可能性が出てきます。
とはいえ、本来行われるはずだった在籍確認が行われない場合だと、契約金額を引き下られたり、様子見になってしまう場合もあるようですから即日融資を受けたい場合は職場への在籍確認を受け入れたほうが無難でしょう。

 

 

プロミスから電話がかかってくるのは在籍確認時だけではない?

 

プロミスが勤務先に電話をかけてくるのは、在籍確認の時だけではありません。
他の用件でも勤務先に電話がいく可能性があります。
何の用件で電話がかかってくるの?と思うかもしれませんが、借主本人がプロミスに何の事前連絡もせずに返済を滞納した場合も職場への電話がかかってくることがあるという事を覚えておきましょう。
その際、プロミスの対応の手順を説明します。
1、本人の携帯電話に電話
2、メールで通知
3、本人の自宅に電話
以上の方法をとっても本人と連絡が取れない場合、勤務先へ電話をかけます
とはいえ、やむをえずに職場への電話という手段を取るときも、プロミスのスタッフは、個人名で応対をしてくれプロミスの社名を伏せてくれるのが親切ですよね。

 

在籍確認さえクリアすれば即日融資目前!

 

顧客が提出した書類に目を通し、信用情報を問い合わせし調べ、申告した勤め先で本当に働いているのかを電話で確認して初めて契約が成立します。
基本的に勤務先への在籍確認は、キャッシング審査の最後となります。

 

ところが、この最後である職場への在籍確認がスムーズにいかないケースがあります。
規模の大きな会社に勤めていたり、従業員数の工場に勤めていたり、勤めてはいるけどまだ日が浅かったりすると、電話に出た人が本人のことを把握しない為、在籍確認が出来ないなんてことも…
そうなれば、日を改めて電話をかけることになったり、電話の代わりに勤めていることがわかる書類を提出してもらうことになります。
在籍確認が上手くいかないかもしれないと思うなら、プロミスのスタッフに確実に自分の在籍確認ができる勤め先の番号を申告しておくことが大事です。

 

一方、本人が本当に会社に在籍していない場合もあるようです。すでに会社を辞めている・始めから申告した仕事先には就職などしていない場合。このようなケースは間違いなく、最後の在籍確認で審査に落とされてしまいます
キャッシングの審査に通るコツは、嘘偽りなく真実を申告することなのです。
金融機関は、キャッシングを申し込んできた顧客の情報を、指定信用情報機関によって照会し調べることが義務となっています。ですから、複数の金融機関から借入をしていたり、過去に返済を延滞したことがあった場合はすべて筒抜けとなります。

 

審査の最後には、勤務先の在籍もきちんと電話で確認しそれができない場合も書類を提出してもらうことで確認します。
嘘をついても必ずばれてしまうという事を心得て、業者の心証が悪くならないように本当のことを申告するようにしてください。
それさえ守れば、プロミスは顧客の情報やプライバシーをきちんと守ってくれる信用できる業者です。お金が必要なときは、とても頼りになることでしょう。